多くのアルバイトを経験している私が教える!看護師のアルバイト探し最短ルート

■管理人プロフィール
看護師歴8年のママナース。旦那と1人の息子と東京都三鷹市に住んでいます。出産を機に常勤で働くことをやめ、現在は不定期で単発のアルバイトやパートタイムのお仕事をしています。

これまで色々な職場でのアルバイトを経験してきたので、「体験談や求人選びのコツなんかを書いたら他の看護師さんの役に立つのでは?」と思い、このサイトをスタートさせました。

これからも体験談やお役立ち情報をアップしていくので、興味がある方は読んで頂けたら嬉しいです。

看護師のアルバイト・パートタイムの求人はどこで探すのがベスト?

定期的にアルバイトをするとなると、その都度求人を探すのが面倒です。なので、私の場合は看護師専門の求人サイトにいくつか登録してあります。

看護師の場合、アルバイトやパートの求人を探すなら、最新の求人情報が1ヶ所に多く集まる『看護師専門求人サイト』を使うのが1番効率的です。職種を問わない求人サイト(タウンワークやバイトルドットコムなど)にも看護師の求人が掲載されていることがありますが、案件数が全然少ないのでNGです。

看護師専門の求人サイトの便利なところ

●登録しておけば必要なときにすぐ利用することができる
⇒登録・利用はすべて無料。アルバイト探しや転職が未定の方でも登録することができます。

●条件別検索機能があるので、求人検索がしやすい
⇒求人サイトのアドバイザーとメールや電話でやりとりしながら求人を紹介してもらうという方法もあります。

●登録者限定の非公開求人がある
人気の求人や好待遇の求人は、基本的に非公開求人として扱われています。アルバイトの場合は、そういった求人に加えて、急募の求人も非公開になりやすいです。

●事前に希望した内容(エリア・勤務時間帯・曜日など)に合った新着求人情報がメールで届く
⇒メールを見て気になった求人があったら問い合わせするという流れになります。求人サイトに掲載される前の求人も手に入ることがあり、他の人より早いタイミングで応募できます。

●面接日や入職日の設定などの各種手続きを代行してもらえる
⇒求人によって異なりますが、基本的に応募するという意志を伝えるだけで、必要なことはすべて段取りしてもらえます。

●可能な場合は、勤務時間や勤務日数などの微調整も代行してもらえる
理想の条件と若干の食い違いがある求人が見つかった場合は、とりあえず問い合わせてみることをオススメします。私も何度か勤務時間や曜日を微調整してもらいました。

【厳選】私が登録している看護師専門求人サイト一覧

今現在、(私が知っている範囲では)国内に約20以上の看護師専門の求人サイトがあります。しかし、基本的に常勤看護師の転職をメインに扱っているところが多いので、非常勤の求人が充実している求人サイトはかなり数が少なくなります。

私もネットで情報を集めて、非常勤の求人が多いと言われている8サイト登録しましたが、実際に満足して使えているのは以下の4サイトです。

それぞれの求人サイトで特色が異なりますが、「どんな方にでもオススメできる」という視点でランク付けしてみたいと思います。登録先の参考にしてみてください。

1位:ナース人材バンク

常勤・非常勤を問わずに業界ナンバーワンの求人紹介実績を残している看護師求人サイトです。年間10万人以上の看護師さんが利用しているとのことです。

看護師求人サイトの中でも運営拠点が1番多いため、取り扱う求人の数も情報スピートも頭1つ飛び抜けているといった印象です。

★ナース人材バンクのおすすめポイント
「ナース人材バンクだけ登録しておけば大丈夫」というくらい非常勤求人の数・種類が充実しています。私も応募する求人の半分以上がナース人材バンク経由です。

使い慣れているという点もありますが、担当のアドバイザーの方がとても親切なので、同じ案件が他の求人サイトで扱っていても、ナース人材バンクから応募することにしています。対応が早いので、面接設定や条件交渉など入職までにしなければいけないことがあっという間に終わる感じです。

ナース人材バンク【公式サイト】

2位:ナースパワー

インターネットが普及する以前から25年に渡って運営されている老舗の看護師専門求人紹介サービスです。アルバイト・パート・派遣の求人に力を入れているだけあって、数も豊富です。

また、『応援ナース』という独自の短期派遣制度も導入されています(6ヶ月という期間が設けられているため、私の条件には合わず、まだ利用したことがありません;)。

★ナースパワーのおすすめポイント
「1.求人先の負担料が少ない 2.歴史が長いのでお得意先の求人が多い」というのが、他の求人サイトには無い大きな特徴です。

つまり、どういうことかというと…「採用率が高くて、条件交渉の融通も利きやすい」ということです。実際、採用率は90%以上というデータが出ているそうです。常勤雇用も含むデータなので、非常勤の場合は、ほぼ確実に採用されると思って大丈夫です。

ナースパワー【公式サイト】

上記の2サイトが私がメインで利用しており、非常勤の求人探し用に自信をもってオススメできる求人サイトです。

以下の2サイトは、回数は少ないですが応募経験がある求人サイトです。

3位:ナースではたらこ

大型の看護師求人サイトの1つです。テレビCMなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。この求人サイトは病院とクリニックの情報量が充実していますが、逆に病院とクリニック以外の求人バリエーションが少ないのがネックです。

病院の夜勤アルバイトやクリニックの外来、病院併設の健診センターなどに絞って求人を探すという方におすすめです。

ナースではたらこ【公式サイト】

4位:MCナースネット

比較的新しめの看護師求人サイトです。非常勤の求人に力を入れており、後発の求人サイトという割には求人が充実しています。サイト内検索機能も使いやすいです。

会員の種類に「ネット会員」と「MC会員」というのがあり、「MC会員」にならないと非公開求人を紹介してもらえません。「ネット会員」は公式サイトで登録できますが、「MC会員」になるためには、「ネット会員」の登録に加えて運営拠点もしくは出張登録会に出向く必要があります。面倒な手順が気にならない方や頻繁に非常勤のお仕事をされる方にはおすすめです。

MCナースネット【公式サイト】

看護師専門求人サイトの活用アドバイス

どの求人サイトも公式サイトの登録ページで簡単な記入をするだけなので、3分程度の時間があれば登録できます。

登録後は必要なときに好きな用途に利用できます。私の場合は、主に「新着求人メールのチェック」と「必要になった時の求人検索」だけ利用しています。

また、求人サイトによって扱う案件が違ったり、同じ案件でも掲載時期や条件面の融通の利きやすさに差が出ることがあるので、いくつかの求人サイトに登録できればベストです。

まずは、「ナース人材バンク」「ナースパワー」の一方もしくは両方に登録し、余裕があったら「ナースではたらこ」にも登録するという流れがおすすめです。

【体験記 No.11】訪問入浴

今回は訪問入浴の単発アルバイト。見つけた求人は、時給2000円で3日間の勤務。買いたいものがあったので、前回のアルバイトからほとんど間を開けずに応募しました。訪問入浴の仕事は初めてなので、インターネットでいろいろと調べてから面接に行って無事採用ゲット。

初日は午前中しっかりと研修を受け、午後から実際に勤務することになったのですが、ペアとなるのは看護師である私と介護士の2名で行うので、自分が介護士にいろいろと指示を出していきます。また、面接のときには比較的力のいる仕事になるけれど大丈夫かと聞かれ、それほど力に自信があるわけではないですが、自身があると答えました。人によっては体重が結構あるので、力のある介護士と一緒に仕事ができたらなと思いながら出勤しました。

訪問入浴の看護師には力だけではなく慎重さも必要

実際に仕事をしてみると、初日は割と小柄で細身の人だったので安心したのですが、次の日は比較的体が大きく、体重も結構ある人だったので、正直入浴させるときにはかなり大変でしたし、訪問入浴を必要としている人は体が悪いため、十分注意して持ち上げる必要もあるのです。よって力以外にも繊細さが必要になる点が難しいと感じた日でした。

最後の勤務日も比較的大柄の人だったのですが、前日に大きくて体重の重い人を入浴させた経験が次の日に早速役にたちました。やはり風呂に入れるときに体を打ちつけては絶対にいけないので、自分の足などでガードすると比較的力も入りますし、慎重に入浴させることができるのです。

やっと勤務が終わって気に行っていた洋服が買えると思っていたのですが、洋服は買えたものの、次の日に筋肉痛になってしまいました。たった3日ではまだベテランの看護師のような仕事はできませんが、それでもかなりいろいろな勉強ができましたし、時給も高かったので、また機会があれば挑戦してみようと考えています。

【体験記 No.10】内科クリニック

前回はツアーナースだったので、今回は医療関連の職場で勤務したいと考えていたところ、家の近くにある内科クリニックで求人を出していたので、短期アルバイトで応募してみることにしました。それほど遠くではないので、自転車で簡単に通勤できるエリアになっています。時給も1700円だったので、短い期間だけれど頑張ろうと決心をして面接に行きました。

ちょうど風邪が流行っている季節に看護師が辞めてしまったため、常勤の看護師が決まるまで短期のアルバイトを募集したとのことでしたが、面接では常勤で働いてほしいと言われました。しかし、短期アルバイトという項目を見て応募したので、短期アルバイトで働きたいと希望を伝えて採用してもらいました。

患者数が多い人気クリニックだったので、仕事はキツめ

私の家の近くから自転車で通える範囲に病院があり、他にも求人は出ていなかったものの、内科クリニックも存在しているので、あまりクリニックは込み合わないのではと思っていたのですが、かなり混んできて最初はびっくりしてしまいました。しばらく看護師の仕事から遠ざかっていて、仕事をしても短期や単発のアルバイトのみであったため、少々心配になってきました。

普通であればいろいろと教えてもらえるのでしょうが、患者数が多いのでいきなり本格的に働かされることになったのです。まだわからないことだらけなのですが、何がどこに閉まってある、レントゲン室はここにあるということだけは教わっていたので、最初は患者の案内を中心に行い、次の患者を呼びに行くのがメインになっていました。それでも看護師の仕事には満足していたのですが、対応が遅いなどと注意されたこともあり、へこんでしまったこともあります。

それでも短期の仕事なので我慢しようとしていたのですが、求人が出ていても常勤の看護師が全く面接に来ない状況だったので、最終日にもう1度常勤で働いてみないかと言われました。しかし、小学生の子供がいるので子育てをおろそかにはできないと言って断りました。

【体験記 No.9】ツアーナース(海外への修学旅行)

三鷹市新川にある高等学校の修学旅行(なんと海外旅行!)へ同行するツアーナースの求人に応募したのですが、単発アルバイトで3泊4日という条件の求人でした。行先は台湾なのですが、看護師の仕事で海外に行った経験は全くないので、多少不安もありながら応募する決意をしました。高等学校の生徒が行く修学旅行なので、ケガをすることや病気になる可能性は少ないのではと思っていたのです。

看護師仲間にもいろいろと聞いてみたのですが、ツアーナースの仕事で学校の修学旅行を選んだ場合、病気の生徒が出て大変だったという情報は全くありませんでした。しかし、万が一のときに何もできないようでは困るので、仕事内容や対処方法などもしっかりと調べてから仕事に行きました。

何事もなく一安心!観光も楽しめたので、初めての海外ツアーナースにしては上出来

行先は台湾なので、当然移動は飛行機になるのですが、沖縄とあまり変わらない時間で到着したため、飛行機内ではとりあえず何も起こりませんでした。気分が悪くなったりした場合には報告してほしいとだけ伝え、後は自分もリラックスしていました。台湾に着いてからは団体行動だったので、私も団体行動に参加して観光ができたので満足していました。

しかし、次の日からは各グループに分かれての行動であり、何時までにここへ集合とだけ伝えられていましたが、私が修学旅行へ行ったときには、1から計画を立てて行先などを先生に報告して、計画通りに観光していたので、昔とだいぶ変わったんだなと思いました。もちろんどこでも言ってよいというわけではなく、この範囲内で観光という決まりでしたが、自分は先生たちと一緒にいました。

最後の日はまた団体行動だったので、普通に観光ができたのですが、最終日になっても看護師らしい仕事はなく一安心しています。日本国内であればまだ対処しやすいのですが、海外の場合にはやはり対処の仕方が難しいので不安でしたが、全員無事に帰ってこれたので大満足です。アルバイト代は日給で1日14000円だったので、給料が入ったら何を買おうか考えています。

【体験記 No.8】美容外科クリニック

最近増えているクリニックの求人に美容外科があるのですが、美容外科で単発アルバイトの求人を発見したので、応募してみることにしました。三鷹市内では一切募集を行っていなかったので、武蔵野市で若者が多いことでも知られている吉祥寺駅の近くにある美容外科の求人に応募しました。美容外科クリニックは一般的なクリニックの求人に比べて給料がよくなっていることが多かったのです。

今回勤務することになったクリニックも時給が2000円になっていたのですが、その分仕事がきついのではと思って面接に行きました。すると一般的なクリニックとは勤務内容が違っていて、カウンセリングや美容製品の販売などもやってもらうと言われ、最初は驚いてしまったのですが、何事も経験だと思って承諾しました。

単発アルバイトなので、そんなに長い期間仕事をする訳ではないという気持ちもあったのですが、やはり実際に経験してみないとわからないということもあって応募したのです。もちろん不安な部分もあるのですが、大半は女性の患者なので、少しはやりやすいかなとも感じていました。

一般的なクリニックとは違うので戸惑う場面も多々…

早速勤務するために美容外科クリニックへ行ったのですが、最初はいろいろと仕事の説明をしてもらい、先輩看護師と一緒にカウンセリングを行いました。やはり病気を治療するクリニックではないので、戸惑ってしまう部分も多かったのですが、先輩看護師と一緒だったので安心でした。しかし、カウンセリング終了後に商品をすすめるように言われたのですが、まさか商品販売でダメ出しをされるとは思っておらず、びっくりした感があります。

患者は女性ばかりなのですが、細かい部分まで相談してくる患者も多いので、いきなり自分だけでカウンセリングを任されたら対応できないという不安がありながらもなんとか勤務をこなしていきました。最終日には医師の補助も任されたのですが、レーザーを用いた機械を使うことが多く、全く違う世界で勤務をしたという感じが残っていたものの、よい経験ができました。

【体験記 No.7】夜勤専従(単発)

アルバイトには昼間働く一般的な日勤のアルバイトも多数出ているのですが、中には夜勤のアルバイトも出ていますし、夜勤であっても短期アルバイトや単発アルバイトがあります。常勤として勤務していたときには当然夜勤も経験しているので、病院で夜勤を行う単発のアルバイトに応募してみようと決めました。

場所は少々遠かった上に、自宅から直通しているバス路線もなかったのですが、車通勤が可能だったので、三鷹市の家からJR中央線と西武多摩川線が走っている武蔵境駅近くまで移動したところにある病院で勤務することにしました。勤務期間は1週間になっているのですが、1週間と言っても全く休みがないというわけではなく、実際には3日勤務をして1日休み、さらに3日勤務して終わりという内容でした。

当然夜勤を行えば夜勤手当が付くので、時給は2300円になっていましたが、なぜ夜勤の仕事を決めたのかというと、1週間だけ夫の実家から両親が泊りに来ていたので、小学生の子供を任せることができたというのが最大の理由でしょう。もちろん夫の両親と一緒にいたくないから選んだわけではありません。

入院患者が多い時期だったので、夜勤帯の仕事も大変

夜勤をするときには昼間と違って看護師や医師の人数も少なくなっているので、少ない人数で対応しなければいけません。ちょうど私が単発アルバイトを始めたときは、入院患者が多くなっていたので、入院患者の対応がとても大変でした。しかも救急患者も運ばれてくるので、いろいろな場所に移動を繰り返し行うようになるのです。もちろん夜勤が厳しいことは知っていましたし、経験もしているので普通に仕事はこなせています。

朝方になってようやく交代するとホッとするのですが、このまま家に帰るのではなく、毎日のように喫茶店で朝ご飯を食べてから帰宅するような生活をしていたものの、1週間だけだったのですぐ元の生活に戻りました。夜勤は確かにきついのですが、とてもやりがいのある仕事なので、やりがいを求めている看護師には適しているでしょう。

【体験記 No.6】小児科クリニック

クリニックは時間に正確だからアルバイトとしても気軽に応募しやすいです。

今回、自宅からは少々離れているのですが、十分自転車で通える範囲だったため、中原というところにある小児科クリニックのアルバイトに応募して採用してもらいました。

小児科というのは小さな子供が風邪をひいたときに受診する診療科と思っている人が多いでしょう。もちろん小さな子供が風邪をひいたときにも小児科を受診するべきなのですが、小児科というのは小さな子供の病気全般に対応しているので、どこの診療科を受診させるべきなのか迷っている場合には、まず小児科を受診させるのが正しい選択です。

私にも小学生の子供がいるので、どのような病気なのか判断するのが難しいときには小児科を受診させています。

給料高め、しかも働きやすくてとても良い職場でした

小児科クリニックでは比較的給料が高めで、時給1800円になっていたのです。しかも私は子供が好きなので、意気込んで出勤したのですが、私が勤務しているクリニックでは患者が来る前にしっかりと指導をしてもらい、患者が来てからも先輩看護師にいろいろと教わったので、かなり働きやすかったのです。

医院長もとてもいい人で、勤務の合間にこのようなときにはこう対応するようにと親切に指導してくれました。このような職場であったらもっと子供が大きくなったら常勤で働いてもよいと感じたのですが、やはり子供の患者を診るのは大変な部分もあり、特に注射をするときには大声で泣いてしまう子供が多く、中にはレントゲンでも泣いてしまう場合があるのです。

混みあっているときには親からまだかとせかされることも多いのですが、小児科ではやはりこのようなことも起こると言い聞かせて頑張っています。初めの頃は受付や患者の案内などを中心に行っていたのですが、徐々に慣れてきたら医師の補助や注射、簡単な検査なども任されるようになり、本格的に看護師として勤務できたのはうれしかったです。また、子供にありがとうと言ってもらえる場合もあるので、やりがいのある仕事でした。

【体験記 No.5】総合病院の病棟勤務

不景気の影響で生活が厳しく、以前取得した看護師の資格を活かそうと思い発見したのが総合病院での短期アルバイトでした。

家からも近いですし、バスも走っているのでかなり通勤するのは便利ですが、交通量が多い通り沿いにある上に、以前自動車の工場だった地域がマンションになってしまったことで、さらに現在では交通量が増しています。自転車を利用して通勤するのが便利な地域にあるのですが、総合病院とは言っても、救急患者の受け入れは行っているものの、それほど大きな病院というわけではありません。

勤務するのは以前にも経験がある病棟の勤務だったのですが、時給が1600円と大体平均的な設定になっていました。求人票にもしっかりと1600円と書いてあったので、特に不満があったわけではありません。

本当はもっと高い時給の求人を探したかったのですが、短い期間だけだったので、このぐらいの時給がよいのではと考えて応募しました。今までの経験からすると、時給の高い仕事はその分きつくなっていることが多いので、あまり時給は気にしないで勤務することにしたのですが、やはり自宅から通いやすいというのが1番のメリットです。

やはり慣れている仕事が最もやりやすい

総合病院の病棟で働いてみて思ったことは、やはり経験があるとすんなり仕事がこなせるということです。しかし、同じような仕事とは言っても、やはり勤務する病院が違ってしまうと、いくら経験があっても最初はうまくできないことがよくあります。私はそれほど緊張するような性格ではないので、比較的すぐになじめました。

仕事は当然忙しかったのですが、短期アルバイトを募集しているということは、忙しくて看護師の人数が足りないから求人を出しているのであっても、求人を出したのに日まで仕事があまりないという職場は存在しません。患者の中にはかなりうるさく言ってくる人もいるのですが、その点も承知の上で応募したので、比較的気楽に仕事ができた職場だと感じています。

【体験記 No.4】保育園ナース

今まで何回も短期アルバイトや単発アルバイトの求人を探してきたのですが、今回初めて保育園で働く看護師の単発アルバイトの求人を発見しました。以前勤務していた病院の看護師仲間に聞いてみると、地域によっては保育園の短期アルバイトや単発アルバイトはよく見かけるというのです。自分の探し方が悪かったのかどうかはわかりませんが、小さな子供を育てた経験があるので、早速応募してみようと行動を起こしました。

しかし、時給が1500円と比較的安かったことや、調布市との境に近いエリアが勤務先の保育園となっているのですが、中央高速の下にある通りを走っていれば安全なので、自転車で通勤すれば大丈夫と考えました。

看護師というよりも保育士のような仕事ばかりな印象

いつもであればどのような仕事をするのかインターネットで調べておくのですが、つい眠くなってしまったこともあり、何も調べないで勤務先の保育園に行きました。園長に簡単な説明をしてもらい、すぐ勤務に入ったのですが、薬や医療道具の確認を行っただけで、後は保育士と同じような仕事ばかりだったことに驚きました。

子供は好きなのでこの仕事が嫌だったというわけではありませんが、まさか保育士と同じ仕事をするとは思っておらず、学校の保健室に勤務する看護師のような仕事だと考えていたのです。これでは看護師としての経験が積めないと思ったのですが、昼前になればうがいや手洗いを呼びかけ、食事の後は検温と歯磨きの指導を行いました。

ここでも看護師というより保育士のような仕事でしたが、多少の混乱はありつつも、子供たちと楽しく過ごせました。保育施設の方針によって看護師の仕事内容も違ってくると思うので、また求人を見つけたら応募してみたいと思いました。

【体験記 No.3】ツアーナース(スポーツ合宿への付添い)

数日単位のアルバイトを探していた時に見つけたのが、今回のツアーナースの求人。募集しているのは三鷹市内にある小学生の野球チーム。2泊3日で合宿に行くので、その合宿に同行するツアーナースの求人です。小学生なので自分の子供と同じ年代の少年となるので、初めはうまくやっていけるのか心配でしたが、何事も経験だと思って挑戦してみました。

移動はバスだったので、家から集合場所の下連雀までバスで移動したのですが、バスの中はやはり賑やかでした。初めはツアーナースというのはどのような仕事をするのか全く分からなかったのですが、説明を受けると万が一子供たちがケガをしたときの応急処置や、病気になったときの対処を行うということでした。不安もあるのですが、やはり経験してみないとわからないので、好奇心旺盛な私は挑戦することにしたのです。

今回、医療行為は簡単なものだけで済みました

合宿が行われる場所についたときに、ツアーナースは当然練習を見ているだけになるのですが、やはり小学生ということもあり、かなり元気いっぱいに野球の練習をしていました。するといきなり転んで擦りむいたという子供が来たので、自分の子供の応急処置も何度か経験があるため、いつも通りに応急処置を行ったのですが、特に異常はない状態なので、応急処置をしたらすぐ練習を再開してもよいという許可を出しました。

その日は他にこれと言った仕事もなく終了したのですが、やはり何事もないに越したことはありません。2日目は特にケガをする子供もいなかったので、実際に看護師らしい仕事は全くしていませんでしたが、最終日にまたケガをした子供が出てしまいました。

今度は脚をくじいたようなので、しっかりと応急処置をした後も痛みが引くまでは休むように指示したのですが、最終日なので昼食を済ませてすぐ帰宅することになりました。ケガをした子供には、もし痛みが引かない場合にはきちんと病院へ行くように言って解散になったのですが、よい経験ができたと満足しています。

【体験記 No.2】コールセンターの電話相談業務

短期アルバイトや単発アルバイトはいろいろな勤務先が出ているのですが、今回発見したのはコールセンターの短期アルバイトです。

コールセンターは知っての通りに健康に関することを相談するために、電話をかけてきた人に対してアドバイスや指導をするのが主な仕事になります。しかもコールセンターは民間企業で求人を出していることが多く、待遇もよくなっているのです。

今回応募した短期アルバイトの求人では、時給1900円となっていたので、看護師の中でもかなり給料が高い方に分類されると言えるでしょう。今まで直接病人に触れることはあったのですが、電話越しに話すという経験はないので、新しい挑戦となります。勤務先は吉祥寺という場所でしたが、自宅からは京王線沿線方面から多数のバスが来るので、バスで通勤することに決めました。

自転車でも通勤できる範囲内なのですが、朝の自転車通勤は比較的狭い道を通ることになるので、人が多くて危ないのでバス通勤にしました。しかも帰りはすごく楽ですし、天候が悪いときでも安心できるからです。ただ渋滞が発生するエリアを通るので、多少時間に余裕を持って通勤しています。

一般的な看護師のアルバイトとは違ったスキルも必要

コールセンターで採用してもらったのはよいのですが、最初の日は先輩に付いてもらい、どのような対応をするのか、言葉遣いなどの注意点をしっかりと教わり、午後から実際に仕事を行いました。しかし、電話では相手の顔が見えませんし、言葉だけで全て伝える必要があるので、とても難しい仕事だと感じたのです。そして電話が終了すると、先輩看護師からいろいろとダメだしされるのですが、それほどたくさんダメだしされたわけではありません。

それでもまだ初日だから声が震え気味だったという指摘や、もう少し柔らかい感じの言葉で説明した方がよいと言われましたが、何日かしてやっと慣れてきたとき、指摘された部分がしっかりと改善されていてよかったと褒められたので、しっかりと勤務期間中は頑張っていきたいと決めました。